外壁塗装のリフォームに関する役立つ情報をお届けしています。

自分で外壁塗装を行うならココが成功のポイント

p-image07

自分でも可能な外壁塗装

外壁塗装を外壁塗装業者に依頼する場合は費用が100万円近く必要になる場合がありますが、外壁塗装にかかる内訳としては外壁塗装ができやすい環境を作るための足場費用、外壁塗装をする職人に対しての人件費、そして外壁塗装に使用されている塗装や外壁、会社自身の収入源となる手数料など、かなり費用が必要になることが分かります。

外壁塗装は他のリフォームに比べると寿命が短いため、住宅ローンの完済が終わるまでにも何度か外壁塗装が必要になってしまうのが普通ですが、その都度100万円近いお金を払っていては貯金をしてもなかなか貯まらないと思うので、できるだけ外壁塗装にお金をかけない方法を考える必要もあります。

外壁塗装業者を比較して安いところを探したところで10万円費用が下がればいいくらいなので、20万円くらいの工事なら10万円の違いはかなり大きいと言えますが、100万円から見ると10万円という値はあまり大きくなく、それにコストがかかっているならあまりメリットに感じないという人もいるかもしれません。

最近は外壁塗装にできるだけお金をかけないために自分で外壁塗装をするチャレンジャーが増えていますが、昔は外壁塗装を自分でするためには外壁や塗装に対しての知識が必須となっていて、自分で外壁塗装をするのはかなり困難を極めていましたが、今はインターネットが普及したことによって外壁塗装に必要な知識を収集できるようになったので、自分で外壁塗装をすることは可能になりました。

外壁塗装工事未経験なら情報収集と道具集めから

外壁塗装の検討をする場合に自分で外壁塗装をしてみようかなと考えている場合は、自分で外壁塗装をすることができるような環境を作る必要がありますが、外壁塗装に必要な物や知識というのはインターネットで簡単に情報を集めることができるようになっているので、自分で外壁塗装をする場合のコストや手間などを考えて検討しましょう。

ちなみに外壁塗装に限らず自分で日曜大工的なことをすることは一般的にDIYと呼ばれていますが、インターネットで情報を集めることができるようになったことで、DIYをする人がかなり増えていて、一つのDIYブームのような現象が起こっていますが、そのためDIYの人を支援するサイトや交流するサイトなども多く開設されています。

外壁塗装をする場合は専用の道具などが必要になってくるので、道具を揃えるのにコストがかかってしまいますが、インターネットオークションで中古の外壁塗装に必要な道具が出品されていることが多いので、こうした中古品を中心に集めていくと道具を集めるコストもかなり抑えることができます。

リサイクルショップなどで販売されている場合もあるので、近くにあるリサイクルショップに足を運んでみることも忘れないようにしましょう。

またDIYの交流サイトなどを積極的に活用していると同じように外壁塗装をしている人に出会って交流を深めることもできますが、交流を深めていると道具などを貸してくれる場合もあるので、こうした交流サイトは積極的に活用しましょう。

自分で外壁塗装をすることのメリットやデメリット

外壁塗装をする場合にDIYで外壁塗装をするメリットとしては外壁塗装にかかる費用を抑えることができるというメリットが最も大きなメリットになっていますが、外壁塗装を外壁塗装業者に依頼する場合は100万円近く費用が必要になることも珍しくありませんが、自分で外壁塗装をする場合は道具代だけで外壁塗装ができるので、やり方によっては10万円くらいで抑えることができます。

また、外壁塗装を自分でする場合にこれまでに経験が無い場合は外壁塗装に関する知識を一から頭に入れる必要があるため、かなり最初は苦労することになると思いますが、苦労しながら覚えた知識というのはしっかりと頭に残るため、再び外壁塗装を自分でしようと考えた場合にすんなりと外壁塗装をすることができるようになります。

一方で、外壁塗装業者に外壁塗装を依頼する場合は失敗したら保障が効くので失敗されたままということはありませんが、自分で外壁塗装をする場合は失敗しても保障されるわけではないので、自分の力で修復させて再び外壁塗装をする必要があります。

外壁塗装をする時間が十分に取れる場合は自分で外壁塗装をすることも可能ですが、週末の休みだけを利用して外壁塗装をする場合は週末の天気が晴れるとも限らないので、当初の予定よりもかなり時間がかかってしまうことになり、それによって外壁塗装ができた時の仕上がりにかなりのバラつきが生じる可能性があります。

関連記事