外壁塗装のリフォームに関する役立つ情報をお届けしています。

住宅リフォームに必須の外壁塗装

p-image01

住宅リフォームの種類

住宅を購入する場合は住宅ローンが払い終わると住宅が自分の持ち家になるというメリットがありますが、一方で住宅を購入すると経年劣化で古くなった場所がある場合に自分で修復しないといけないので、この点で考えると住宅を購入するよりも賃貸で家を借りる方のメリットが高くなっています。

住宅リフォームには様々な種類がありますが、キッチンリフォームや洗面所リフォーム、トイレリフォームと言った屋内に関するリフォームが多く、屋外のリフォームになってくると外壁塗装や屋根塗装、太陽光発電などが一般的となってきます。

住宅リフォームを依頼する場合は高額な費用が必要になる場合が多くなっているので、少しずつリフォームしていくことをおすすめしますが、どうしても外気にさらされる屋外の方が劣化も早く、リフォームは外壁塗装や屋根塗装などから必要になる場合が多くなっています。
最近は様々なリフォーム業者が増えているので、リフォーム業者を選ぶ場合はそれぞれのリフォーム業者を比較しながら選んでいくことをおすすめしますが、リフォーム業者の中には悪質なリフォーム業者もいるので、悪質なリフォーム業者に騙されないようにする必要もあります。

リフォームをする目的は様々で、住宅の補修に限らずデザインを目的に外壁塗装リフォームをするケースもあるため、場合によっては外壁塗装からのリフォームではなく、屋内からのリフォームや同時にリフォームするという場合もあります。

リフォームの中で早めに必要になるのが外壁塗装

住宅を購入してから住宅リフォームの中で早めにリフォームが必要になるのが外壁塗装となっており、これは外壁塗装の耐久性が悪いというわけではなく、外壁が雨や風によって劣化してしまうためで、外壁塗装のリフォームが必要になってくるのは数年程度から10年くらいになってきます。

最近では外壁塗装に使用されている外壁の耐久性や塗装技術が向上したことによって、昔に比べると外壁塗装の耐久性は向上してきていますが、それでも内壁塗装に比べると経年劣化は早くなっているので、内壁塗装と同時のタイミングで外壁塗装をするというのは難しくなっています。

外壁塗装は外壁塗装として単独でリフォームするケースが多くなっていますが、これは外壁塗装が他の箇所に比べると早めにリフォームが必要になるためで、普通はまとめてリフォームすることが多いのですが、外壁塗装と他のリフォームをする場合は屋根塗装と同時にリフォームをするケースはあるものの、屋内のリフォームと屋外のリフォームはそれぞれが切り離された箇所となっています。

外壁塗装はリフォーム業者に依頼することもできますが、最近は外壁塗装を専門に行っている専門業者というのも増えているので、こうした外壁塗装の専門業者に依頼することによってスムーズに外壁塗装をしてもらうことができるようになっていますが、それぞれの業者によって外壁塗装にかかる費用は異なっているので確認しておきましょう。

内壁塗装とはどう違うのか?外壁塗装

リフォームにおける塗装が絡む工事には外壁塗装と内壁塗装がありますが、外壁塗装というのは住宅の屋外の外壁を塗装することをいい、外壁塗装業者という業者がいるくらい需要が多い塗装工事ですが、内壁塗装というのは屋内の内壁を塗装するための工事で、外壁塗装業者いるのに対してあまり内壁塗装業者という業者の数は多くなく、塗装業者やリフォーム業者が請け負うケースが多くなっています。

これは外壁塗装と内壁塗装を比べた時に外壁塗装をするケースの方が圧倒的に多いためですが、内壁塗装は安定した室温や濡れることが無いので、そこまで内壁塗装が経年劣化するということは無いのですが、外壁塗装になると風雨にさらされる状態が続くため、どれだけ性能が良い外壁塗装であっても経年劣化は否めません。

これが外壁塗装と内壁塗装の違いとなっていますが、外壁塗装はどちらかというと屋根塗装と同時に行われることが多く、あまり内壁塗装と同時に行われることはありませんが、同じ塗装なので内壁塗装の時期が近いのであれば、一緒に塗装工事を依頼する方が費用的にお得な場合が多くなっています。

ちなみに内壁塗装をするケースは経年劣化やシミなどが目立ったという理由で内壁塗装をすることが多いのですが、最近はおしゃれな壁にすることが流行していることもあって、耐久性や劣化が無くても内壁を一新して気分転換を図る目的で内壁塗装をするケースが増えていると言われています。

雨から家を守るための外壁塗装

外壁塗装をする目的の多くは外壁の経年劣化に伴うものですが、外壁は内壁に比べると非常に経年劣化が早いという特徴があり、これは外壁塗装が屋外ということが大きく関連しているのですが、特に雨さらしになってしまうという環境におかれることで経年劣化が進みやすくなっています。

最近はいろいろなタイプの外壁塗装が誕生していますが、中には防水性や撥水性がある外壁塗装なども生まれているので、これらの外壁塗装にすることによって雨に対しての耐性も高くなるのですが、こうした少し特殊なタイプの外壁塗装になってくると費用が格段と上がることに加えて、防水性や撥水性について完全性が無いというデメリットもあります。

どちらにしても外壁塗装には家を雨から守るという役割があるので、その役割が果たせなくなるくらい経年劣化している場合はすぐにでも外壁塗装が必要になってきますが、外壁塗装は見積もりをしてもらってから工事の打ち合わせをして外壁塗装の工事になるまでには時間がかなりかかることもあるので、なるべく早めに検討をして行動に移す必要があります。

また、外壁塗装にはいろいろな種類があるので、予算から外壁塗装を選んで行くと良いですが、外壁塗装が安いからと言って必ずしも耐久性が無いということや外壁塗装が高いからと言って耐久性に優れているということは全体ではないので、外壁塗装の特徴なども考慮しながら外壁塗装を選んで行きましょう。

家を強くするための外壁塗装

外壁塗装に役割の中に住宅を強化するという役割がありますが、外壁塗装は雨や風から住宅を守ってくれる役割を果たしているのは何となく分かる人も多いと思いますが、それだけでなく、様々な物から住宅を守ってくれているため、外壁塗装の劣化は住宅の耐久性が下がると同じことになります。

外壁塗装が果たす役割の中に防音という役割がありますが、外壁の中には防音素材が入っているため、これによって外部からの音を小さくしたり遮断したりしてくれているのですが、こうした防音素材が入っていることによって快適な睡眠が可能になっているので、外壁が果たす防音という効果は非常に重要性の高い部分だと言えるでしょう。

また、室温が外気温と同じ気温にならないのは外壁塗装に断熱材が入っているためですがこれによって真夏は室温が上がりすぎるのを防ぎ、真冬は室温が下がり過ぎるのを防いでくれているのですが、エアコンや暖房などを使った場合に温度がすぐに変わらないようなクッション代わりもしてくれるため、光熱費の軽減にも一役買ってくれています。

外壁塗装はこのように住宅で住む我々の暮らしが快適になるように様々な効果を発揮してくれているわけですが、見た目ではあまり分からなくても思っている以上に経年劣化が進んでいるケースが多いので、定期的に外壁塗装をチェックして、外壁塗装に不具合が無いか確認をしてから気になるようであれば、外壁塗装業者に問い合わせをしてみましょう。

見た目を変える目的で外壁塗装

住宅を見ていると外壁塗装が頻繁に変わっている住宅を見かけることがありますが、これは外壁塗装に失敗したから何度も外壁塗装を変えているのではなく、外壁塗装を変えて住宅の外観を変えることを目的に外壁塗装を繰り返しているのですが、外壁塗装は外部から目に付きやすい場所なので、おしゃれを目的に外壁塗装をするという人も多くいます。

外壁塗装は住宅のバリア的要素を果たしていますが、その一方で住宅の顔としての役割も持っていて、これは人が洋服を着る感覚と似ていますが、洋服を着る本来の目的というのは体温を保ち快適に生活ができるようにというのが一番の目的である一方で、おしゃれを楽しんで自分をアピールする一つの方法となっています。

ただし、人が洋服を着る場合と明らかに違うのは費用の面で、外壁塗装をする場合は数十万円という単位のお金が必要になる場合が多いため、金銭的な負担がかなり大きくなっていますが、なかなかお金に余裕が無いと外壁塗装をおしゃれ目的で頻繁に変えることは難しいと思います。

なので、外壁塗装が機能的な面から必要になった場合は見た目にこだわりながら外壁塗装を選んでいくことをおすすめしますが、外壁塗装をする場合は思っている以上に費用が必要になる場合が多いので、できるだけ複数の外壁塗装業者に依頼をして外壁塗装にかかる費用を抑えるようにしましょう。

また、外壁塗装は外壁塗装業者に限らず、リフォーム業者なども請け負っているので、これらの業者でも見積もりをしてもらうと良いでしょう。

関連記事