外壁塗装のリフォームに関する役立つ情報をお届けしています。

大手の外壁塗装業者に依頼するか。地元の外壁塗装業者か。

p-image12

大手の外壁塗装業者について

外壁塗装を検討している場合に業者に依頼するという人が多いと思いますが、外壁は屋外から見た場合に目立つ場所でもあるので塗装のプロである業者に依頼することによって安心して任せることができます。

昔は工務店やリフォーム業者が事業の一つとして行っていたケースが多かったのですが、最近ではそれ以外の分野の業者が参入しているというケースが多く、選ぶ側からすると選択肢が多いというメリットがある一方で、実績や技術が伴っていない業者が多いということもあって不安な点もあります。

その点で見ると大手の外壁塗装業者に塗装を依頼するメリットは高いと言えますが、特にマニュアルやノウハウというのが優れているため、一定以上の技術やサービスを受けられます。

また外壁塗装業者の中には適当な塗装をしてお金を貰うという悪質な業者もいますが、大手の業者になってくるとインターネットが普及して情報が筒抜けになっている昨今において少しでも対応が悪いと評判を下げてしまうので、実績や信頼というところに重点を置いていることからトラブルが少ないという特徴があります。

この点で考えるとメリットが高いと言えますが、広告費やシステム管理費用などのコストが余分にかかっているということもあって、地域特化型の業者に比べると相対的に費用が高くなっている場合が多いので、信頼や品質を重視する人にはメリットがある一方で費用を抑えたい人には不向きかもしれません。

地域特化型の外壁塗装業者について

外壁塗装を業者に依頼するにあたって、最近では様々な種類の業者がいるということもあって、どの業者なら安心して塗装を任せることができるのかということについては悩むポイントでもあると思いますが、基本的に業者を大別した場合に大手の業者と地域特化型の業者の二つに分けられることになります。

地域特化型というのはその地域に焦点を絞って事業を展開している業者のことですが、地域特化型の業者でも特に歴史が古い業者の場合はそこで働いている職人さんの技術にも期待できる部分があるので、信頼や信用という面ではメリットが高いと言えます。

また、地域に特化している業者の中でも開業してからの年月がかなり経過している場合は地域貢献というのもかなりしていると思うので、業者側も信頼や信用というのを大事にしている場合が多く、最後まで丁寧な仕事をしてくれると言う期待もあります。

一方で、歴史が浅い外壁塗装業者を検討している場合は注意する部分もありますが、単価の高い仕事ということもあって、本来の事業が別にあってサブ的な感じで事業展開を進めているところが多くありますが、このようなところになると地域特化型であっても塗装の品質が低品質な場合があります。

外壁塗装というのは塗装が終わりではなく、してもらった塗装がどれくらいまで持つかというのも重要なポイントになってきますが、それを保障してもらう期間というのも大切で地域特化型の業者はその部分でも期待できます。

関連記事