外壁塗装のリフォームに関する役立つ情報をお届けしています。

外壁塗装業者に施工依頼する場合の注意点

p-image06

外壁塗装業者の特徴

外壁塗装は塗装をする職人によって仕上がりはかなり違ってくるのが特徴ですが、最近では外壁塗装を経年劣化による理由だけでなく、模様替えを目的に外壁塗装をする人が増えているということもあって、昔に比べると外壁塗装の受注数は増えていると言われていますが、それに伴って外壁塗装をする業者も増えていると言われています。

外壁塗装をしている業者の中には外壁塗装を専門にしている外壁塗装業者もいますが、こうした業者は外壁塗装の工事に絞って工事をしているため、かなり外壁塗装の技術が高い場合が多くなっていますが、住宅リフォーム会社などから仕事を請け負っているケースも多く信頼できる業者と言えるでしょう。

ただし、小さな規模の外壁塗装専門業者になってくると外壁塗装を専門にしている業者であっても塗装の技術があまり高くない職人と言うのも出てくるので、外壁塗装専門業者だからと言って完全な仕上がりを期待するのは注意が必要ですが、相対的に見た場合は仕上がりに自信のある外壁塗装業者が多くなっています。

いずれの場合も外壁塗装業者に外壁塗装を依頼する場合はできるだけ信頼できる外壁塗装業者というのがポイントになってきますが、表面だけ見たのでは信頼できる外壁塗装業者かどうかということは分かりにくいので、口コミサイトや評判サイトなどを利用して外壁塗装業者の信頼性や信用度などを確認することをおすすめしますが、最近は業者を比較できるようなサイトもあります。

リフォームの一環として外壁塗装をする場合

外壁塗装は住宅リフォームの一つとして数えられますが、そのため外壁塗装を検討している人の中には大規模リフォームの一環として外壁塗装を検討している人も少なくありませんが、外壁塗装は屋内ではなく屋外のリフォームになるので、足場を組んで屋根塗装などと一緒にするケースが多くなっています。

外壁塗装だけをするなら外壁塗装の専門業者に依頼して外壁塗装をしてもらう方法が安くて安心できますが、大規模リフォームの一環として外壁塗装をする場合は外壁塗装だけ別の業者となると費用が高くなってしまう可能性があるので、できればリフォームを依頼する業者が用意してくれる外壁塗装業者にお願いする方が安く上がります。

ちなみに大規模リフォームをする場合に太陽光発電の導入も検討している場合はできるだけ外壁塗装と同じタイミングで太陽光発電も依頼することをおすすめしますが、これは外壁塗装も太陽光発電も足場を組むために費用が必要になりますが、この費用は20万円を超えることも珍しくないため、別々で足場を組むよりもまとめて足場を組む方が安上がりになります。

リフォームのすべてをリフォーム会社に依頼する場合は足場の配慮もしてくれるので、わざわざ別に足場を組むような工事の日程にはしないと思いますが、自分で別に業者を用意する場合は別で足場の費用が発生する場合があるので、本来なら払わないでいい無駄なお金を支払わないように注意しましょう。

業者に外壁塗装だけを依頼する場合

外壁塗装は住宅リフォームの中でも早めに必要性が出てくるリフォームとなっているので、住宅を購入してから最初に外壁塗装をするというケースが多くなっていますが、リフォームをする場合は他のリフォームと合わせてすることが多いものの、外壁塗装が他のリフォームに比べるとかなり早く必要になるので外壁塗装だけのリフォームになるというケースも多くあります。

この場合は外壁塗装に強い業者を選んだらいいので、大規模リフォームをする場合のようにリフォーム会社に依頼してすべてのリフォームを任せるのではなく、外壁塗装専門の業者に依頼するとスムーズです。

外壁塗装専門の業者にも規模の大きな業者と規模の小さな業者がいるので、それぞれのメリットやデメリットなどを考慮しながら外壁塗装を依頼する外壁塗装業者を選定していくと良いでしょう。

ちなみに規模の大きな業者になってくると自らが外壁塗装をするのではなく、下請けに外壁塗装を依頼するケースが増えてきますが、この場合は依頼した外壁塗装業者に対しての手数料と下請けがする外壁塗装の費用が発生することになるので、余分にお金が必要になってしまうことになります。

そう考えると下請けがいない規模の小さな外壁塗装業者を選ぶメリットが高くなってきますが、この場合は悪質な外壁塗装業者というのも増えて、トラブルリスクが高まるので事前の情報収集はしっかりとして後から後悔のない外壁塗装にしましょう。

関連記事