外壁塗装のリフォームに関する役立つ情報をお届けしています。

失敗しない外壁塗装業者選び

p-image05

悪質な外壁塗装業者の実態

外壁塗装をする場合は外壁塗装業者にすべての外壁塗装の工事を任せるという人が多いと思いますが、外壁塗装業者の中には悪質な外壁塗装業者も多く含まれているので、悪質な業者に騙されないように気を付ける必要がありますが、こういった悪質な業者には悪質業者ならではの特徴というのがあります。

基本的に外壁塗装業者は訪問販売で決めてはいけないと言われていますが、自分で外壁塗装のことを別に気にしていなくても、訪問販売でいろいろ御託を並べられてそれとなく外壁塗装が必要であるという意識を植え付けられてしまうと、必要無くても外壁塗装に必要性を感じてしまうので、必ず自分が外壁塗装に必要性を感じた場合は自分から外壁塗装にコンタクトを取るようにして、訪問販売には十分に注意しましょう。

悪質な外壁塗装業者の他の特徴としてはモニター割引を巧みに使うという特徴がありますが、これはモニターになってもらうことで大幅に割引をしますよというお得感に乗せられてしまうケースですが、元が法外な金額で設定されているところからの大幅割引なので、割引された金額が相場か相場より少し高いくらいの金額で設定されている場合がほとんどです。

また、他社を引き合いに出して必要以上に自分のところがお得だとアピールする外壁塗装業者も要注意ですが、優良な外壁塗装業者になってくると自分のところの技術に自信があるので、他社の業者を引き合いに出して比較するようなことはほとんどありません。

外壁塗装でトラブルになった場合

外壁塗装において外壁塗装業者とトラブルになるケースで多いのは塗料の色が想像していた色とは異なるケースですが、外壁塗装を検討する場合にどのような外壁塗装にするかということは外壁塗装業者が持っているカタログなどから中心に選んでいくのが一般的となっていますが、カタログから選ぶ場合は実際の色と違いがあることも少なくないので注意する必要があります。

こうしたトラブルにならないためにも事前に同じ塗料が使用されている住宅があるなら紹介してもらって実際に見ておくことをおすすめしますが、特に外壁塗装をする目的に住宅のイメージを変えるという目的が含まれている場合は十分に気を付ける必要があります。

外壁塗装についてトラブルが生じた場合は、基本的に外壁塗装業者との直接交渉となってきますが、責任の所在がはっきりしない場合はそれぞれが責任転嫁という形を取ることになるので、この場合は消費者生活センターに相談をするかリフォームのトラブル専用の機関に相談をして解決方法を教えてもらいましょう。

ちなみに外壁塗装のトラブルだけを取り扱っている機関はそこまで多くありませんが、これがリフォームになると相談機関というのも多くなってくるので、外壁塗装で何かしらのトラブルがあった場合はこうした相談機関に相談することをおすすめします。

外壁塗装もカテゴリー的にはリフォームになることに加えて、外壁塗装におけるトラブルは非常に多いので親身になってくれるところがほとんどです。

大手の外壁塗装業者の特徴

外壁塗装業者を検討する場合に、まずは外壁塗装業者探しから始めることになると思いますが、外壁塗装業者をインターネットで検索してみると、その数が非常に多いことに気付くと思いますが、外壁塗装業者は大手の外壁塗装業者から地域密着型の外壁塗装業者まで、様々な規模の外壁塗装業者がいます。

外壁塗装業者にお願いして外壁塗装をしてもらうのはトラブルも頻発しているとのことなので、なるべくなら金額が少々高くても良いので信頼できる業者に工事の依頼をしたいところです。

その場合は大手の外壁塗装業者に依頼するのがおすすめで、大手の外壁塗装業者の場合は何かトラブルがあった場合でも逃げることができないため、真摯に対応してくれるところがほとんどです。

また、大手の外壁塗装業者になるとマニュアルやノウハウがしっかりしているため、スタッフの対応は一定以上の対応が期待できることに加えて、保証などもしっかりしているため、仮に外壁塗装が失敗してしまった場合や外壁塗装から一定期間内で塗装が剥がれてしまうなどのトラブルがある場合でも安心です。

一方で、大手の外壁塗装業者になると営業マンや工事をする人が変わってくるため、横の伝達ミスによって依頼していた外壁塗装とは違う外壁塗装をされてしまうケースや何度も同じ説明をしないといけない場合があるので、こういった手間を考えると面倒な場合がありますが、間にそれだけ人が入るということで中間マージンも余分に必要になります。

地域密着型の外壁塗装業者の特徴

外壁塗装業者を選ぶにあたって、少しでも外壁塗装にかかる費用を抑えたいのであれば、下請け業者などがいない地域密着型の外壁塗装業者に依頼することをおすすめしますが、地域密着型の外壁塗装業者になると店舗維持費用や人件費などは最低限に抑えられた運営になっている場合が多いので、大手の外壁塗装業者のように不要な手数料が無いため、それだけ外壁塗装の工事費用に還元できます。

また、地域密着型の外壁塗装業者は地域に根差した商売をしている場合が多いため、同じ地域に住んでいる人に対しての対応が良い場合が多く、安心して外壁塗装を依頼することができるようになっていますが、外壁塗装はアフターケアなども重要なので、付き合いが長くなるということを考えた場合に地域密着型の外壁塗装の方が安心感もあります。

ただし、こうした規模の小さな外壁塗装の中には悪質な外壁塗装業者というのも少なくないので、悪質な外壁塗装業者には騙されないようにしたいものですが、そのためにはできるだけ開業してから歴史が長い業者を選ぶことが大事で、悪質な業者の場合は頻繁に社名を変えている場合が多いため、こうした業者の歴史である程度は判断することもできます。

また、規模の小さな外壁塗装になると取り扱っている塗料や外壁に限界がある場合もあるので、こだわりがある外壁塗装にしたいと考えている場合は少し厳しい場合もありますが、事前にイメージが出来上がっている場合は確認しておきましょう。

便利な外壁塗装の第三者機関

外壁塗装業者の中には悪質な外壁塗装業者が多いことに加えて、外壁塗装に関してのトラブルが多いということで、インターネット上には公平な眼で判断しておすすめの外壁塗装業者を紹介してくれる外壁塗装の第三者機関と呼ばれる機関がありますが、こうした第三者機関を利用することによってトラブルを最小限に抑えることが可能になります。

ちなみに外壁塗装の第三者機関に登録している外壁塗装業者は信頼できる外壁塗装業者なのか不安に思うところだと思いますが、この外壁塗装の第三者機関に登録をしている外壁塗装業者は厳しいチェックや審査に通過した外壁塗装業者で構成されているため、悪質な外壁塗装業者が紛れている可能性はまずありません。

信頼できる外壁塗装業者だけで構成されているところから自分の希望する条件にあった外壁塗装業者を選ぶことができるようなっているので、外壁塗装を検討している場合は必ず利用したいものです。

こうしたメリットが高いところであるにも関わらず、利用料金は無料に設定されていますが、これは登録している外壁塗装業者が一定の登録料を支払っているからとなっています。

外壁塗装は塗装をして終わりではなく、その塗装がきちんと出来ていたかどうかというのは外壁塗装の工事が終わってから数カ月から長くて数年以内で初めて分かるものなので、このタイミングで不具合が見つかった際でもきちんと対応してくれる外壁塗装業者に依頼したいものです。

見積もりや契約書の重要性

外壁塗装業者に外壁塗装を依頼する場合にトラブルをできるだけ避けるためにも見積もり書や契約書は大事に取り扱いをしたいものですが、外壁塗装が終わって見積もりや契約時と違う内容になっている場合に外壁塗装業者にその旨を伝える場合は見積もり書や契約書が重要な役割を果たすことになります。

ちなみに見積もり書や契約書を発行してもらった場合に金額的なところは注視するものの、他に書かれている内容に関してはそこまで注意してみないという人も多くいますが、どのようなことが書かれているかということは必ず契約書にサインをする前に確認しておく必要があります。

見積もりをしてもらう場合は実際に住宅を見ての見積もりなら見積もり金額に相違が出ることは少ないのですが、自分から外壁塗装業者の会社まで足を運んで見積もりをしてもらう場合は紙面上だけの見積もりとなってくるので、見積もりと実際の外壁塗装にかかる費用が異なる場合があります。

これが発端となって外壁塗装業者とトラブルになってしまうケースがありますが、外壁塗装が終わった後だとトラブルが長期化してしまう懸念があるので、面倒でも必ず住宅を見てもらった上で見積もりをしてもらうようにしましょう。

また、契約書に関しても同じことが言えますが、特に保障についての内容は十分に確認して決めたいものですが、どれくらいの保障を受けることができるということや期間についても納得した上でサインしましょう。

関連記事