外壁塗装のリフォームに関する役立つ情報をお届けしています。

相見積もりは基本?!外壁塗装工事の見積・契約書の注意点

p-image11

外壁塗装で相見積もりは基本中の基本

基本的に外壁塗装業者を選ぶ場合に失敗しない選び方をしたいのであれば、見積もりをしてもらってから慎重に選んで行くというのが基本的な選び方となってきますが、一カ所の業者で見積もりをしてもらうのではなく、複数の業者から見積もりをしてもらう相見積もりが基本となります。

相見積もりというのは、それぞれの業者から提示された見積もりを比較するということですが、これによって外壁塗装の平均的な相場というのも算出することができるようになるため、法外な金額で見積もり金額を提示している業者を選択肢から排除することができるというメリットがあります。

また、最近はインターネット上に相見積もりをしてくれるサイトというのも多く開設されていて、外壁塗装の相見積もりに特化したサイトというのもあるので、これを利用することによって少ない負担で複数ある業者を比較することができるようになっています。

相見積もりをすることによって外壁塗装業者に対して金額的な部分で交渉しやすくなるというのもメリットとしてありますが、業者側は相見積もりを嫌うのであまり執拗な交渉をしていると業者側から話しを打ち切られる可能性もゼロではありません。

相見積もりをすることによって本来なら交渉において知識が豊富にある業者側が優位になるところを消費者側が優位な状態で交渉ができるようになりますが、トラブルのことなどを考えると金額交渉をする場合は常識の範囲内で行うということが大切です。

外壁塗装の見積もりや契約書の注意事項

外壁塗装業者を選ぶ場合に一括見積もりサイトを利用する人は多くいると思いますが、これによって複数の業者を比較して安いところを選ぶことができるというメリットがあるので、少しでも費用を抑えたいというので特に利用することをおすすめしますが、その際にどこまでが見積もりの範囲内になっているかと言うことを調べることも必要です。

また、見積もり書や契約書というのは業者との取引におけるルールやマナーが記載されており、中には業者優位に作られている見積もり書や契約書もあるので、契約を交わす前には必ず確認しておくことが大切ですが、見積もり書に関して言うと当初の見積もりと差異が無いか必ずチェックしましょう。

外壁塗装は費用が数十万円以上かかることからも作業の依頼を検討している人からすると少しでも費用を抑えたいというのが本音だと思いますが、費用が安くても塗装がすぐに剥がれてしまうようでは意味がないため、できるなら費用よりも品質や信頼性を重視したいところです。

品質や信頼性を大事にしている外壁塗装業者というのは契約書や見積もり書というのもしっかりしているので、契約書や見積もり書を一つの指標にすることができますが、品質や信頼を重視してない業者というのは契約書や見積もり書の作りが雑な場合が多くなっています。

いずれにしても後から後悔しないためには事前にしっかりと準備をしておくことが大切で、見積もり書や契約書に目を通すのは面倒かもしれませんが、必ず目を通しておきましょう。

外壁塗装以外のリフォームを検討する場合

外壁塗装を業者に依頼する際にネックとなる部分が足場費用だと思いますが、作業ができやすい環境を作るだけで数十万円の費用が必要になることを考えると、かなり勿体無いと感じるかもしれませんが、業者も安全性の高い作業をするように義務付けられているため、足場の設置というのは仕方ないものです。

せっかく足場を設置するのであれば、他の屋外リフォームも同時に行うと費用的な面でメリットが高くなりますが、特に屋根塗装や修理などは外壁塗装と一緒に行うと得で、同じ足場を使う作業となります。

まとめて行うことによって足場の設置費用を浮かせることができることに加えて、それぞれの作業は同じ業者に委託することができるため、セット割引などを受けることができるかもしれません。

しかし、同じタイミングで作業を依頼すると確かに個々の作業を別々でしてもらった場合に比べて安いかもしれませんが、それでもその時の金銭的な負担は個別にするよりも高くなるわけなので、それだけの現金を用意することができないかもしれません。

しかし、外壁塗装や屋根に関する塗装や修理というのはリフォームローンなどの対象となっていて、金利もかなり低く設定されている場合が多いため、いずれにしても将来的に必要になるものなので、リフォームローンを利用してでも早めに行っておいた方が良いかもしれません。

また、太陽光発電の検討を設置している場合も同時にするということで検討してみると良いかもしれません。

関連記事